旅はいつも不思議な感覚に・・・

ミッチーです。

お久しぶりです!

前回からの続きですが、一人旅で来たバリ島でなんとかガイドを見つけることに成功した私は、いま宿泊先のホテルに向かっています。

旅行好きなので色々な国に行っているから分かることですが、インドネシアのバリ島は私が行ったことのある国の中でも、かなりテキトーな感じだと・・・

直感で分かりました・・・

でもですよ・・・
嫌いじゃなんですよね!

この感覚こそが旅の醍醐味でもあり、国内旅行では味わうことのできないものなんですよね。

少し、変態かもしれませんが、言葉なんて通じなくてもあまり関係ないと思っている自分もいたりします。

いまは物語的にはバリ島に到着して荷物を車に詰め込み、ガイドと一緒にホテルに向かっている最中ですが、私がこの時考えていたのは別のことでした。

不思議なのですが、遠い国バリ島にいるのに到着してすぐに考えるのは親のことなんです。

特に母親は最近更年期に悩まされていたので、私が更年期サプリという更年期症状を緩和するサプリをプレゼントしたんです。

バリ島に行く少し前にですが、母親に更年期サプリを渡すととても喜んでいたんですよね。

その母親が心配になるんです。

しかも日本にいる時よりも。

1週間も滞在期間がないのですぐに帰るのに関わらず、ホテルに向かう車の中でそんなことばかり考えていました。

本当に不思議な感覚です。

もちろんガイドさんにパスポートのチェックなんかもしてもらいましたが・・・

じつはホテルに着いたのは空港を出て数分後でした。

その間に頭の中には先ほど話した母親が心配だということばかり浮かんでくるんですよね。

日本にいる時は心配は心配なのですが、旅行先の方が・・・

強く思います。

話はだいぶそれましたが、とにかくホテルに到着です。

次回はバリ島のホテルでのお話を・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です